土留め 壁天端均し

土留め 壁天端均しの新工法を考案しました!

鉄製の型枠にて施工する際、面木を打つことが出来ないため、

天端仕上精度の向上が課題でした。

そこで考えたのが、この施工方法です。




コンクリート打設面の上1cm位の両隅に糸をはります。



そして、その糸を添わせるように面コテをひくと、

比較的波を打たずに、まっすぐ仕上げることができます。






まずまずの感じの仕上がりました。

 

この工法、僕たちの間で「伊藤式工法」と呼んでます(笑)

変化を求めない物に成長はない!

(株)大村組は常に変化し続けます!!

土留め壁

まず最初に重機で穴を掘ります。指定の断面を確保できるように十分注意します。





その後、基礎砕石を施工して鉄筋を加工、組み立てします。
設計で定めた、形状・寸法になるよう正確に組み立てます。









鉄筋が組み終わったら、型枠えお組み立てます。
生コンクリートを型枠内に流し込む際、型枠が壊れないよう、
頑丈に組み立てます。
ここが職人の腕の見せ所です。






完成です。
この後土を埋め戻します。